脱毛への驚きと期待

img_01

美容外科で行なわれる豊胸手術は、バッグと呼ばれるものを脇のシワ辺りを切開して挿入し胸部に挿入するプロテーゼ法や、自分の身体の中にある余分な脂肪を抽出して、その脂肪を精製し、定着率が良い脂肪だけを注入して、豊胸を行う脂肪吸引法などがあります。
これ以外にも、ヒアルロン酸という成分を注入して豊胸を行う方法もあるわけです。


いずれの施術においても、これらの手術を行なうのは美容外科や美容整形外科といった種類の病院で行なわれるものです。ヒアルロン酸を注入する豊胸手術は、短時間で行えて、尚且つ手術というものが要らないものです。

手術としても切開が不要であるという意味で、治療における手術を行うわけです。

しかし、プロテーゼ法ではバッグを挿入するために切開をしますが、脂肪吸引法では切開はしないものの、脂肪を吸引して精製を行い、更にその精製された脂肪を注入するわけですから、ヒアルロン酸を注入する手術よりもはるかに時間はかかるわけです。費用面で見た場合、ある美容外科では、このようになっています。これらはいずれも種類や持続性などを考慮していくと値段が高くなるものであくまでも参考と言う形で見て貰いたいものなのですが、プロテーゼ法の場合は、バッグの種類により値段も変わるわけですが、大体50万から120万程度の費用が掛かるようです。

期待できるhttp://yumeko.pepper.jp/に関する情報を提供中です。

一方脂肪吸引法の場合は、150万から200万と少々値段が高くなります。
これは脂肪を吸引して精製などを行うために高価になるようです。

では、ヒアルロン酸はと言いますと、大体20万から60万円程度の費用になるそうです。


同じ結果や持続力やリスクなどを考慮した場合どの方法が一番良いのかは、実際に美容外科などでカウンセリングを受けないとわかりませんし、自分がこの方法が良いと言っても、カウンセリングの結果、美容外科がこの方法はやめた方が良いといえばそれまでなのです。リスクが気になる方は、美容外科でいろいろと相談しましょう。